新型ダンパーショックShockEvent D

低振動。ユーザーフレンドリー。高い信頼性。

静的試験チャンバーを備えた新しいShockEvent Dは、振動に敏感な測定技術やセンサー技術だけでなく、温度衝撃のみを受け、それ以上の影響を受けないようにする必要がある活性試験材にも最適です。

ダンパーショック試験の手順

2ゾーンと3ゾーンの衝撃試験

ダンパー衝撃工法の特徴は、静的試験チャンバーを備えていることです。試験チャンバーの上下にあるチャンバーでは、温風と冷風が生成されます。ユーザーは、ダンパーを介して試験材に空気を流すことができます。


試験材は、非常に短時間で静的試験室チャンバー内の急激な温度変化によって衝撃を受けます(2ゾーン)。周囲の空気を取り込むことが可能です。これにより、試験シナリオの柔軟性が高まります(3ゾーン)。


標準化された温度応力試験

低振動要件を満たす

静的試験室チャンバーを備えたダンパーショックは、振動に敏感な測定技術やセンサー技術、温度衝撃のみを受け、それ以上の影響を受けないようにする必要がある活性試験材にも最適です。これは、日本の規格JASOD-014-4やEIAJED-2531B Naなどの標準化された温度応力試験の要件と、MIL-STD-883Hおよび202Gのさまざまな厳格度の要件を満たしています。


冷媒のGWPを90%削減

-70℃以上で品質が保証されます。

weisstechnik は、冷媒R-23またはドイツのイノベーション賞を受賞した新しいR-469Aを使用したダンパーショックを提供しています。R-469Aは、わずか1,357のGWPで2030年以降のFガス規制に対応し、R-23と比較してCO2換算で90%以上の削減を実現しています。


閉じる

Video

詳細情報:

The new ShockEvent D with its static test chamber is ideally suited for vibration-sensitive measuring technology and sensor technology as well as for active test material that is to be temperature-shocked without further influences. The special feature of the damper shock method is its static test chamber. Tempered hot and cold air is generated in chambers above and below the test chamber. The user allows the air to flow into the test material via dampers. The test material is shocked by abrupt temperature changes in the stationary test chamber within a very short time (2-zones). It is possible to let ambient air flow in. This offers more flexibility for the test scenarios (3-zones). Another advantage of the stationary test chamber is the simple cable guiding for measuring equipment. The cables are stationary in the test space and do not move, unlike in other shock test models.

プレスリリースはこちらからダウンロードできます

一般個人 データ保護規則 DSGVO 第7章に基づき、個人データを処理することに合意します。プライバシーポリシーの詳細。 *
*は入力必須項目です