DAkkS校正

気候チャンバー、試験機器および測定機器の計量計測トレーサビリティ

製品に対しては常により高い品質要件が課せられます。

気候チャンバー、試験機器および測定機器の定期的な校正は、品質を一定に保つための重要な前提条件となっています。温度と湿度の分野における当社の校正に関するノウハウは、認定によって裏付けられています。DAkkS校正証明書は、測定結果の計量計測トレーサビリティに関する証明を提供します。


リンデンシュトルートのDAkkSラボ

現場での気候チャンバー校正

Weiss Umwelttechnik GmbH(D-K-20681-01-00)は、DIN EN ISO/IEC 17025に基づき、ドイツ技術審査認定期間(DAkkS)の認定を受けています。当社は、DAkkS-DKD-R 5-7ガイドラインに基づき、気候チャンバーの現場における校正を実施します。測定パラメータ、測定範囲、および測定方法に関するすべての詳細は、認定証明書において確認することができます。


バリンゲンのDAkkSラボ

測定機器と気候チャンバーを高信頼性で校正

Vötsch Industrietechnik GmbH(D-K-17099-01-00)は、DIN EN ISO/IEC 17025に基づき、ドイツ技術審査認定期間(DAkkS)により、温度と湿度の分野におけり校正に関する認定を受けています。当社の校正ラボでは、さまざまな温度計、測定機器、相対湿度または絶対湿度用センサー、および気候チャンバーの校正が、ガイドラインDAkkS-DKD-R 5-1、DAkkS-DKD-R 5-3およびDAkkS-DKD-R 5-7に基づき実施されます。


幅広い測定範囲

温度および湿度測定機器のDAkkS校正

当社の校正ラボでは、-80〜+350°Cの範囲の温度センサーまたは温度計が、現在有効なガイドラインに基づき校正されます。湿度測定器を使用すると、5〜+140°Cの温度および-30〜+95°Cの露点温度において、5%〜98%の相対湿度をカバーできます。


各種温度計の温度校正

液体槽、気候試験チャンバー、または金属ブロックキャリブレーター

40 mK以上の測定不確実性を伴う-80°C〜200°Cの温度校正は、循環液槽での比較測定として行われます。温度と湿度のコンビネーションセンサーなどの非潜水型センサーは、気候試験キャビネットの測定媒体の空気中で校正されます。最大350°CのDAkkS校正は金属ブロックキャリブレーターで実行され、最大650°Cの校正は、金属ブロックキャリブレーターでの工場校正として可能です


さまざまな湿度センサーの校正

鏡面冷却式露点計、湿度計、静電容量式ポリマーセンサー

当社は、要件に応じて、さまざまな湿度センサーを校正します。これらには、さまざまなメーカーの鏡面冷却式露点計や、測定ヘッドが分離または統合されたタイプが含まれます。湿度計は、温度と相対湿度の両測定パラメータを基に校正されます。容量型ポリマーセンサーと接続ケーブルは大型の試験室に収められ、特に高温における熱放散による測定誤差を実質的に排除します。


完璧な設備

安定かつ均質な気候のための精密気候試験チャンバー

当社の精密気候試験チャンバーは、安定かつ均質な気候を再現します。これにより、測定の不確実性を最小限に抑え、高信頼性で再現性のある比較測定が可能になります。


高精度な湿度測定

基準としての鏡面冷却式露点計

鏡面冷却式露点計は、校正ラボで絶対湿度を測定するための最も高精度な測定機器です。気温を正確に測定するためのミリクルビン温度計と組み合わせ、システムは相対湿度を正確に計算するための理想的な基盤を提供します。これは比較測定の参照として使用され、測定の不確実性を最小限に抑えます。